CHARI & CO “BI-TONE ARCH TEE”

CHARI & COから、シンプルかつ使い勝手のよさそうなTシャツが入荷しました~
今回は二つの配色を大胆にレイアウトし、白の部分にシンプルに同ブランド名をあしらったデザインになっています。色も豊富にあり、ブラック、ベージュ、イエロー、レッドの全四色をご用意しています。

S__34349058 S__34349059 S__34349060 S__34349061 S__34349062 S__34349063 S__34349064 S__34349065

 

白と各色を合わせたデザインは、スラックスからデニムまで下に穿くパンツの形態を選ばず着用できます。
また、丈も長すぎず短すぎずなので夏にハーフパンツと合わせても問題ありません。

以前から日本製にこだわっている生地はとても肌触りがよく、また程よく肉厚なので汗だくになって繰り返し洗濯しても、耐久性は抜群です。大きくプリントされたロゴも印象的。

S__34349066

 

バックにはお馴染みCHARI & CO のタグでアクセントに。

S__34349067

 

上からジャケットやジップパーカを着れば、これから少し暖かくなった際に着回しの一部として取り入れることができますし、自転車のブランドでありながらシンプルでキャッチーなデザインは、間違いなく夏に一枚で着る際にも役に立つでしょう。

S__34349068

デザイン、耐久性共に揃っているので、長く使用できるTシャツです。
気になった方は、袖を通してみてください~

 

お問い合わせ:075.256.1128

ACHIEVE 京都市中京区御幸町六角八百屋町112−2 1F

お問い合わせ:075.256.1128

ACHIEVE 京都市中京区御幸町六角八百屋町112−2 1F
2月 29,2016,20:24

lucetta “MAGNETIC LIGHT”

ミニマルかつ機能的なライトが入荷しました。

 

lucetta “MAGNETIC LIGHT”

一見何かわからない円筒形の”コレ”がフロントとリアのライトとなっています。

lct00005

 

ご覧の通り、自転車の好きな部分に装着可能なんです。lct00006 lct00004

 

というのは言い過ぎかもしれません…

実はこのライト、多くの自転車の素材に用いられるスチールに装着可能な磁石ライトなんです。

なので、 “MAGNETIC LIGHT”

各ライトには点灯/点滅モードの発光パターンがあり、そのパターンの切り替えは車体について発光しているライトを一回外して、再度車体へ装着し常時点灯から二段階のフラッシュへと変化します。 

 

センター部分が強力な磁石、赤と白の部分はそれぞれのスイッチとなっています。

磁石より、圧迫されることでライトが点灯するという仕組みです。

そして、このセンター部分をくっつける事でライトを1つにすことができ紛失の防止にもなってくれます。

このライトは車体から外さない限り点灯し続け、絶対的に取り外す必要があるので盗難の恐れもありません!

lct00003

身の回りの色々な場所にくっつき点灯してくれるので、停電や災害時にも役立ってくれるかもしれませんね…

lct00007 lct00008

 

 

店頭ではブラックとライトグレーを在庫しています。

コンパクトなライトをお探しの方は “MAGNETIC LIGHT”はいかがでしょうか??

lct00001 lct00002

 

 

LUCETTA “MAGNETIC LIGHT” ブラックPRICE ¥3,200+TAX

LUCETTA “MAGNETIC LIGHT” ライトグレーPRICE ¥3,200+TAX

 

お問い合わせ:075.256.1128

ACHIEVE 京都市中京区御幸町六角八百屋町112−2 1F

2月 28,2016,19:20

CHARI & CO x STARTER

自転車関連から遊び心の効いた商品まで、幅広く手掛けるニューヨークのブランドCHARI & CO からキャップとハットが入荷しました。

今回のはこれまで紹介してきたキャップ類とは少し異なり、STARTER のボディを採用したキャップになっています。
STARTER は、アメリカの老舗スポーツブランドで、後ろの部分でサイズ調整ができるキャップ、通称「スナップバック」の先駆者としても有名です。

フロントにCHARI & CO のロゴを据えて、バックにはSTARTER のロゴもしっかりと入れるという豪華なつくり。ブラック、エレクトリックブルー、バーガンディの3色をご用意しています。

IMGP6962 IMGP6963 IMGP6964 IMGP6965 IMGP6967 IMGP6969 IMGP6971 IMGP6973 IMGP6974

 

 

 

そして今回は、クラシックなロゴバージョンとは別に、HUMAN CLIMBER の二種類あります。
どこかレトロな雰囲気がある文字のプリントは、ユーザーの服装のアクセントになるようになっています。

IMGP6976 IMGP6981 IMGP6982 IMGP6983 IMGP6986 IMGP6987

 

 

 

ハットも同じくSTARTERのロゴが刻印されています。
ブラック・グレーのどちらもロゴがメインボディと同じ系統色で刺繍されているので、目立ちすぎずシンプルにできるところも特徴の一つです。

IMGP6988 IMGP6990 IMGP6995

IMGP6997 IMGP7002 IMGP7006

また、さし色となっているそれぞれ水色、黄色のパイプはリフレクター素材になっています。
もちろんバックのCHARI & CO タグもリフレクター使用。STARTER というスポーツブランドにあっても、あくまで「チャリンコ」要素を入れることを変えないのはさすがですね。

ブランドの遊び心と老舗のデザインを合わせたキャップとハット、お一ついかがでしょうか~

 

お問い合わせ:075.256.1128

ACHIEVE 京都市中京区御幸町六角八百屋町112−2 1F

お問い合わせ:075.256.1128

ACHIEVE 京都市中京区御幸町六角八百屋町112−2 1F
2月 24,2016,19:50

CADENCE “Tech Glove” & “Minimalist Glove”

“Establish Glove” の人気が記憶に新しいCADENCEから、これからのシーズンに適応するグローブが2種類入荷しました。

cdc-glove0000

 

“Tech Glove”

CADENCE のグローブの中では唯一のハーフフィンガーのタイプです。

スエード生地のような風合いの素材はグリップになるとともに、耐久性も確保。

cdcglc00001

 

ハンドルを握った際にあたる部分にはパッドが配置されており、長時間のライドで手が痛くなることを防いでくれます。

“Establish Glove”同様、CADENCEのロゴはデザイン性を高めると同時に、グリップの役割も果たします。

cdcglc00002

 

甲にかけては極薄のメッシュを使用しているため、装着感はかなり快適で、グローブをはめている際の感覚はないくらいにストレスフリーで使うことができます。

指の部分には引っかかりもあるので装着が容易に。cdcglc00003

シンプルなデザインながらも、自転車乗りが必要とする肝をしっかりとおさえたグローブです。cdcglc00004

 

“Minimalist Glove”

先程の”Tech Glove” をフルフィンガーにしたようなイメージなのがこの”Minimalist Glove” その名の通り、必要なものを残して極限にまでシンプルに作られています。cdcglc00008 cdcglc00005

基本的な仕様は”Tech Glove” と同じとなっていますが、フルフィンガータイプのこちらはスマートフォンのタッチ操作が可能になっています。なのでグローブを装着したままでも操作が可能です。

そして白黒をベースにした同ブランドには珍しいブルーが登場。

レッドとグレーのコントラストが相性良しです。

cdcglc00011cdcglc00009cdcglc00006cdcglc00010cdcglc00007

“Establish Glove” 同様にこの2モデルも、使いやすさと自転車に乗る際の相性は抜群のグローブです。

次第に季節はゴツいグローブでなくても事足りる時期になってきますし、これから夏そして秋まで使えそうなグローブをお一ついかがでしょうか?

ご試着も可能です。お気軽にどうぞ!

 

CADENCE “tech glove” ブラックPRICE ¥5,200+TAX

CADENCE “minimalist glove” ブルーPRICE ¥5,800+TAX

CADENCE “minimalist glove” ブラックPRICE ¥5,800+TAX

 

 

お問い合わせ:075.256.1128

ACHIEVE 京都市中京区御幸町六角八百屋町112−2 1F

お問い合わせ:075.256.1128

ACHIEVE 京都市中京区御幸町六角八百屋町112−2 1F
2月 23,2016,19:53

ILE “flaptop”& “apex” & “load cell flat”

先日の”default” BLACK CAMO に引き続き、Inside Line Equipment (ILE)からこちらも入荷しています。

“flaptop”
メッセンジャーバッグのフラップ部分にインスピレーションを受けた”flaptop”は、その名の通り大きなフラップが特徴のバックパックです。他のアメリカブランドに類を見ないこの大きなフラップにより、あらゆる大きさのものを覆いつつホールドすることができます。

ile0000003

その汎用性の高さと容量の対応力でいえば、ILE の中でも随一と言えるバッグです。
中には大きなポケットからスリーブまで細かに作りこまれているので、大きな荷物と小物類を容易に分けて入れることが出来ます。

ileftbk0001 ileftbk0002

 

“apex”
先程の”flaptop”とは対照的に、ILEが放つバッグの中でも小さいサイズなのがこの”apex”

防水のX-PAC生地を使用したロールトップ式のバックパックです。

上から水の侵入を防いでくれる作りになり、フロント部分の大きなジップによってロールを解放しなくても荷物にアクセスできる構造です。

軽量かつ丈夫なバッグなので、トレイルランや登山、ダウンヒルなどにもおすすめです。

ile0000004

また、ハイドレーションパックにも対応しています。対応するスリーブが内部にあり、チューブを通すことのできる専用のジップもついています。

ちょっとしたお出かけの際から、遊びのフィールドでも活躍してくれる小さいながらも便利なバッグです。

ile0000005 ile0000007 ile0000006

 

そして、最後は

“load cell flat”

S、M、L の3種セットのポーチです。

工具やカメラ、小物などを効率よく収納することのできるポーチ”load cell flat”

“apex”と同様、防水のX-PAC生地を使用し軽量且つ耐久性のあるポーチとなっています。

“flaptop”のような大型バッグで小物を収納する際などに役立つ便利アイテムです。

ile0000001 ile0000002

 

ILE は一つ一つがサンフランシスコのベイエリアの工房にて製作されており、こだわりがたくさん詰まった一点一点は
全て”Lifetime Warranty (生涯保証)”を約束しています。
本日ご紹介の3つも、用途に応じて、長い間一緒にできるバッグであることに間違いはないでしょう。

ご質問などございましたら、店頭にお越しいただくか、下記までお問い合わせください。

 

LINE EQUIPMENT “flap top” ブラック PRICE:¥ 44,000 +TAX

INSIDE LINE EQUIPMENT “apex” グレーPRICE ¥22,000+TAX

INSIDE LINE EQUIPMENT ” load cell flat” ブラック PRICE ¥5,800+TAX

INSIDE LINE EQUIPMENT ” load cell flat” グレーPRICE ¥5,800+TAX

 

 

お問い合わせ:075.256.1128

ACHIEVE 京都市中京区御幸町六角八百屋町112−2 1F

2月 21,2016,19:22

“default” & “Hauser” BLACK CAMO

2つの異なるブランドから、人気を博しているBLACK CAMO のモデルが入荷しました。
今日はそのBLACK CAMO の2つモデルをご紹介します。

S__34070532

Inside Line Equipment “Default”

ACRE “Hauser 14L”

どちらもAchieve では言わずと知れたMade in USA にこだわるバッグブランドの2大巨頭。
同じBLACK CAMO ですが、それぞれ固有の用途のためにデザインされています。

“Default” は25Lと十分な容量ながらも、サイドポケットをはじめ、細かな物を分けて収納が可能なつくりになっています。左右に2本ずつ搭載のコンプレッションベルトで、厚さを調整可能ですので荷物が減っても増えても安心。
日常生活に幅広く対応できるバッグとなっています。

IMGP7078

IMGP7079

“Hauser” はその軽量さと抜群のフィット性により、トレイルランニングからマウンテンバイクのダウンヒルなどで多く使われているモデルです。軽量ながらも、その防水性と耐久性は確保しているので、様々な自然のフィールドとコンディションに対応します。また、容量も14Lを収納可能ですので、普段のライドからちょっと荷物が増える際にも使用可能です。

mws00007

mws00008

“Default” “Hauser” 共にX-PAC の生地なので通常の防水バッグよりも引き裂き強度が上がっており、かつ軽量です。ミリタリーでよく見かけるMULTI-CAMに比べて目立ちすぎないカモ柄ですので、普段の生活にも溶け込めるでしょう。カモ柄の持ち物は初めてという方にもおすすめです。

そして、今回の入荷はどちらも一点ずつです。
ブログでは紹介しきれない内部の構造部分や、ディテールは店頭で実際に手に取って確かめてみてください。

新生活や節目の季節、果たしてこのバッグは自分の生活に幅広く対応してくれるだろうか?長く付き合えるか?
などなど、ご相談はお気軽にどうぞ!

 

INSIDE LINE EQUIPMENT “default” ブラックカモ PRICE ¥ 44,000 +TAX

ACRE “Hauser 14L” ブラックカモ PRICE ¥ 35,000 +TAX

 

お問い合わせ:075.256.1128

ACHIEVE 京都市中京区御幸町六角八百屋町112−2 1F

お問い合わせ:075.256.1128

ACHIEVE 京都市中京区御幸町六角八百屋町112−2 1F
2月 20,2016,20:28

Leisurely Days

スタッフの中澤です。
みなさんは休日をどのように過ごすでしょうか?
持ち物や趣味もすっかりアメリカにどっぷりな僕は、向こうの暮らしぶりに憧れを持ち、休日にはきっとこんなことしてるだろうな、、などと妄想をしている次第です。

今日はそんな僕がイメージしたのんびりした休日(Leisurely Day) と、アメリカブランドの二つをコンセプトにコーディネートしました。

S__34005005

Bag: BAILEY WORKS “WHALE MOUTH DUFFEL (XS) ”
Cap: CHARI & CO x STARTER “6 PANEL COLLAGE LOGO”
Hoodie: POLER “SEA VIBES PULLOVER HOODIE (GRAY/M)”
Pants: CHARI & CO “DYNAMIC TROUSER STANDARD (BLACK/30)”

自転車に乗っても降りても使用できるようなカジュアルな仕様になっています。
片手にはホットサンド。休日の朝はゆっくり起きるため、”BRANCH” 朝昼兼用です。
これでダイエットにもなるとアメリカではちょっとしたブームになりました。効果は本当かどうかは定かではありませんが、、

 

さて、なかでも今回ピックアップしたいのは、1993年よりアメリカのニューハンプシャーにてハンドメイドバッグを手掛けるBAILEY WORKS の”WHALE MOUTH DUFFEL” です。

 

WHALE MOUTH “クジラの口” の名前通り、最大限まで広がるジップは、メッセンジャーバッグのようなフラップ部分がなく、メッセンジャーバッグよりもより簡単に、直接荷物を取り出すことができます。

IMGP7031

 

 

ちょっとした小物をしまっておく為には、BLUE LUG の”Dry Pouch” が重宝します。写真はSサイズ。

IMGP7032

 

 

左右にはサイドポケットがついており、財布やけん玉など、すぐ取り出したいものを入れます。
休みの日なので、こちらもCHARI & CO のけん玉常備です。これでいつでも、どこでも、すぐにけん玉で遊べます。内側のマジックテープで開け閉めするので、閉じるとあまり目立たない所もGOOD。

IMGP7035

カジュアルにまとめても、細部に快適に使えるようなポイントが施されているのは、アメリカブランドのさすがといったところですね。
本日ご紹介の商品はサイズ違い、カラー違いも幾つかございます。
ご質問などありましたら、お問い合わせはお気軽にどうぞ~

 

お問い合わせ:075.256.1128

ACHIEVE 京都市中京区御幸町六角八百屋町112−2 1F

お問い合わせ:075.256.1128

ACHIEVE 京都市中京区御幸待ち六角八百屋町112−2 1F
2月 19,2016,20:27

“narifuri for FRED PERRY”

本日は改めて”narifuri for FRED PERRY” のアイテムをご紹介。

 

まずはこちら。

先日少しだけご紹介しました、

“shadow dot polo shirt”

イエロー、ブラックの2カラー

ドット部分はメッシュになっているため、高い通気性と速乾性を備えています。

左胸にはFRED PERRYの月桂樹、首元には narifuri のペダル刺繍が施され、

両ブランドのアイコンが添えられています。

nffp0003 nffp0004 nffp0005 nffp0006nffp0007

 

腰にはフォーンポケットが付けられ、携帯はもちろん、夏場はサングラスを備えておける丁度いいサイズ感となっています。

nffp0009 nffp0008

 

そして、

同素材のこちら。

”shadow dot short pants”

ブラックの1カラー

ポロシャツと同じく、左腰にはFRED PERRYの月桂樹、右腰には narifuri のペダル刺繍がポイントに。

ウエストコードがつけられ、着脱も容易な作りとなっています。

nffp0010 nffp0011 nffp0013 nffp0012

 

 

セットで合わせても良し、単品で着ても良しの

“shadow dot polo shirt”と”shadow dot short pants”

状況を選ばず様々なシーンで着用して頂けるアイテムとなっています。

今はまだ着用が難しい季節ではありますが、欲しい次期には完売しているアイテムかとは思われます。

気になられた方は是非ご試着を!

nffp0002

 

 

narifuri×FRED PERRY “Shadow dot polo shirt” イエロー PRICE:¥ 14,000 +TAX

narifuri×FRED PERRY “Shadow dot polo shirt” ブラック PRICE:¥ 14,000 +TAX

narifuri×FRED PERRY “Shadow dot short pants” ブラック PRICE:¥ 11,000 +TAX

 

お問い合わせ:075.256.1128

ACHIEVE 京都市中京区御幸町六角八百屋町112−2 1F

2月 17,2016,19:09

Cinelli x CHROME “CHAMPION CAP”

RED HOOK CRIT という大会をご存知でしょうか?
ピストバイクで短距離のトラックを何周も重ねるこのレースは、2008年に産声を上げてからというもの、ピストバイクの文化を語る上では欠かせないものになりました。

現在ではレッドフック地区から始まり、ミラノ、バルセロナ、ロンドンに開催の場を拡大していて、短い期間で世界をまたにかけるレースへと進化しています。

 

そのチーム部門で、2015年はCinelli x CHROME チームが総合優勝しました。
今回はその記念サイクルキャップが入荷しましたので、ご紹介します。

IMGP6907

IMGP6908

デザインはチームのキャプテンを務めるAlfred Bobè Jr.が自ら手掛けたもの。
サイドに大会が開催された都市が刻まれています。

IMGP6909

つばの部分には裏地に大きく「CHAMPS」の文字が印象的。

IMGP6910

生地はCinelli のサイクルキャップと同じものを採用しているので、耐久性は申し分ないものになっています。

サイクルキャップの中でもひときわ存在感のあるCinelli x CHROME のサイクルキャップ。
記念モデルなのでレア度は高めです。おひとついかがでしょうか~

 

お問い合わせ:075.256.1128

ACHIEVE 京都市中京区御幸町六角八百屋町112−2 1F

お問い合わせ:075.256.1128

ACHIEVE 京都市中京区御幸待ち六角八百屋町112−2 1F
2月 14,2016,17:59

narifuri for FRED PERRY “Shadow dot polo shirt”

本日は入荷のご報告です。

 

narifuri for FRED PERRY Collection から

密かな主張性の “Shadow dot polo shirt” が入荷しました。

イエロー、ブラックの全2カラー

FullSizeRender-1 FullSizeRender-2

 

2016 S/Sもnarifuri とFRED PERRY 双方の良さが凝縮したアイテムとなっています。

改めて商品詳細をご紹介しますのでお楽しみに。

気になる方は店頭で是非ご覧ください!

 

●narifuri for FRED PERRY “Shadow dot polo shirt” ¥14,000+TAX

 

お問い合わせ:075.256.1128

ACHIEVE 京都市中京区御幸町六角八百屋町112−2 1F

2月 12,2016,20:01
  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >